• ホーム
  • アフターピルの正しい飲み方について

アフターピルの正しい飲み方について

妊娠は卵子と精子が出会い受精卵となり、子宮内膜に着床することで成立しますが、受精卵の着床を防ぐために飲む中用量のピルがモーニングアフターピルです。
アフターピルは緊急避妊ピルとも呼ばれ、避妊具を使ったものの破れてしまったり、何らかの事情で妊娠を避ける目的で飲みます。
避妊目的で飲む場合、性交後72時間以内に飲むなどの条件があります。

モーニングアフターピルを12時間以内に服用するとその避妊率は99%ともいわれており、あせって病院へ行く必要はありませんが、72時間を過ぎると妊娠回避の確率も下がる傾向にあります。
また、2回服用することで効果が発揮されるアフターピルは、飲み忘れに注意しなければなりません。

アフターピルと低用量ピルの大きな違いは、アフターピルが着床を防ぐ効果があるのに対し、低用量ピルは排卵を抑えることです。
低用量ピルは副作用がほとんどないのに対し、アフターピルを飲むと吐き気や頭痛などの副作用を感じる人がいますが感じ方や強さは人それぞれで、どちらも後遺症の心配はないとされています。

将来子供を持ちたい人にとっては、モーニングアフターピルを服用することによる妊娠への影響が気になるところです。
しかし手術に使われる麻酔のリスクがないことや、手術にともなう精神的、身体的ストレスを感じずにすむことからも安全で効果の高い妊娠の回避方法といえそうです。

アフターピルの服用後の生理は早まる傾向にありますが、少ない確率で遅れる人もいるようです。
望まない妊娠を回避する方法として極めて有効な避妊方法といえるアフターピルは、婦人科で処方してもらえます。

アフターピルの処方には健康保険が適用されます。
年齢制限もないため未成年でも処方され、親の同意や同席は必要ありません。
妊娠した後中絶手術を受けることを考えると、身体と費用の負担を減らすことができるので妊娠を避けたいときは利用するとよいでしょう。
同意書もいらないので緊急の場合は迷わず病院へ行きましょう。

アフターピルの効果を発揮する正しい服用方法

望まない妊娠は身体だけでなく、精神的にも大きな負担となります。
緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルは妊娠を回避できる薬ですが、飲む時期を間違えると効果がありません。

アフターピルの飲み方にはヤッペ法とLNG法の2つがあります。
ヤッペ法はプラノバールという中用量ピルを用いる方法で、性交後72時間以内に1回目を飲み、12時間後に2回目を飲むことで避妊します。
LNG法はレボノルゲストレルを含有した中用量ピルを72時間以内に1回服用する方法で、飲み忘れがなく副作用も少ないといわれています。

アイピルという名前のアフターピルがありますが、アイピルはレボノルゲストレルを含む緊急避妊薬です。
12時間以内に服用すると妊娠回避率が高いアフターピルで、1回の服用ですむので飲み忘れもなく安心です。
1回の服用で効果を発揮するアフターピルには、女性ホルモンが多量に含まれているため頭痛や吐き気などの副作用が出やすく、吐き出してしまうと効果がなくなるので注意が必要です。

アイピルを服用すると3~5日の間に出血があります。
子宮内膜がはがれることで起こる出血で避妊に成功した印です。
これを消退出血といいますが、着床に成功したことでも出血が起こるため見極めが重要です。
着床出血は性交後10~14日程度で起こります。
アフターピルを飲んでも3週間出血が見られない場合は妊娠の可能性が考えられるため妊娠検査薬や病院で検査をすることをおすすめします。

正しく服用すれば高い確率で妊娠を回避できるアフターピルですが、飲む時期や飲み方を間違えると効果がありません。
避妊に失敗してから病院で処方してもらうまでの時間のロスをなくすため、計画的な妊娠を考えている人はあらかじめ処方してもらい手元に置いておくとよいでしょう。

人気記事一覧