• ホーム
  • トリキュラーの副作用がきつければ他のピルへ変更

トリキュラーの副作用がきつければ他のピルへ変更

若い女性

トリキュラーは比較的副作用が軽減されており、リスクがあまりないピルとなっていますが、全く副作用が発生しないという訳ではありません。
主な副作用として、不正子宮出血、悪心、乳房緊満感、嘔吐、頭痛、下腹部痛、発疹、蕁麻疹、不正出血といったものが見られます。
このような副作用が発生した場合はトリキュラーの使用を中止して、掛かりつけの医師に相談してください。
軽い症状の場合でも軽くみずに報告しておいた方が安心できます。

また血栓症等の重度の副作用も稀に起こる可能性がありますので、トリキュラーを使用していて身体に合わないなと感じれば、他のピルに変更してください。
特に血栓症は頻度不明で突然息切れや頭痛や麻痺といった症状があらわれますので、日頃から自身の状態を確認しておくことが必要です。

重度な副作用が発生しなくてもトリキュラーを使用している方の多くは、服用当初に吐き気や頭痛といった症状に悩まされます。
徐々に慣れていったり、軽くなったりする訳ですが、症状がひどいままの場合は日常生活に支障をきたしてしまうので体質に合わなかったと、その他のピルに変更するのが賢明です。

女性ホルモンの安定化を図るために仕方なく起こる症状であり、軽度の症状の場合は2クール目ぐらいで落ち着いてきますから様子を見る程度で大丈夫です。
しかし、我慢できないぐらいであれば変更する方が良いですし、避妊や月経困難症のためにピルを服用しなければならない状態でしたら変更する方が無難です。

ピルの飲み始めは、どうしても身体を安定化させるために初期兆候が見られますので、その症状が長く続くか、重くなるのかを考えて続けるか、中止するか、変更するかを判断することになります。
自分で判断できない場合や不安に感じている場合は病院に行って医師に相談するのがベストになりますので、トリキュラーを服用していて副作用がきついと感じたら自分一人で悩まずに病院へ行くことをおすすめします。

ピル服用の理由により種類を選択する必要がある

トリキュラーは比較的副作用が少ないとされている種類のピルですが、全ての人の体質に合うわけではなく、どんなに人気のあるピルだとしても自分だけには合わなかったということはよくあることです。
もしもトリキュラーを服用し始めて副作用が強く出てとてもいつも通りに日常生活を送れないという場合にはピルの種類を変更することを検討してもいいかもしれません。

トリキュラーでよく起こる副作用は吐き気や頭痛などですが、そういったものは通常トリキュラーを使いなれてくると体の中のホルモン量が安定してきて症状が良くなることがほとんどです。
しかし、それまでの間に我慢し続けるのか新しいものに変更するのかはピル服用の理由によって決めると良いでしょう。

もしもトリキュラーを避妊目的で服用している時には、トリキュラーの服用を中止しても他の方法で避妊をすることができるので、あせって種類を変えるのではなく、様子を見ながら服用していき、どうしても辛い時にはトリキュラーの服用を中止するという選択肢をとることもできます。
避妊目的でピルを使用する時には変更後も低用量ピルを選ぶと良いでしょう。

トリキュラーを月経困難症などの治療のために使用している時には、トリキュラーの服用を一時的に中止すると排卵が起こり月経困難症の辛い症状が出てきてしまいます。
そのため、治療目的で使用している時には、トリキュラーに変わるピルを探しておく必要があります。
そういった場合には副作用の症状が強い時には別のピルに変更することを視野に入れて、どのような種類のピルにするかを考えておきましょう。
月経困難症の治療に用いられるピルの種類はいくつかに限られているために、保険適応の薬を使用したい場合にはそれらの限られた種類の中から選ぶようにする必要があります。