• ホーム
  • トリキュラーの服用で経血が少なくなるのは副作用?

トリキュラーの服用で経血が少なくなるのは副作用?

薬を飲んでいる女性

トリキュラーとは、婦人科でよく処方されている薬です。
避妊を高い確率で成功させたり、生理痛や出血量で悩んでいる女性の強い味方です。
多くの女性の力になっているトリキュラーは安全性が高いと言われていますが、薬なので少なからず副作用があります。
女性の多くの悩みを解決してくれる効果を持っているので、正しい知識を身につけて付き合っていきましょう。

トリキュラーを飲み始めると、経血の量が少ないと感じるようになる場合があります。
婦人科系の問題はデリケートなので、悩んでいてもなかなか医師にすら相談しにくい場合も多いです。
出血の変化となると、怖くなってもしかしたら病気なのではないかと思うかもしれません。
体からのSOSは見逃さないようにしなければなりませんが、薬の副作用の可能性もあります。
慌てず、まずは見分けられるようになっておきましょう。

まず薬の副作用と聞くと怖いイメージがあります。
何かを良くする代わりに別の悪い症状が出ることだと考えることが多いのではないでしょうか。
注意するべき点として、専門家から説明を受けたり薬の説明書に書かれていたりするのでそのように考えることも仕方のないことです。
しかし副作用というのは、本来の目的である「主作用」とは別の作用だということで
その内容については体にとって悪い場合も良い場合も両方あるのです。

実はトリキュラーの良い副作用の中に月経量の減少というものがあります。
生理中の経血は不要になった子宮内膜がもととなっています。
トリキュラーの効果で子宮内膜が薄くなるため、経血のもとがそもそも少なく結果的に出血量が減少しているのです。
ですから、経血が少ないからといってすぐに病気を疑って慌てることはありません。

また、病気ではありませんが子宮に影響が出て経血の量が少ない場合もあります。
女性の大敵、それは冷えです。
寒い時に下半身を冷やさないようにすることが大切です。
子宮の冷えは様々な婦人科系のトラブルを起こしやすくなるため、日ごろから自分で行えるメンテナンスはしっかりと行いましょう。

経血が少なすぎる場合は病気の可能性もある

トリキュラーを服用することであらわれる副作用には、とらえ方によって起こっても良いものとできるだけ起こらないほうが良いものとがあります。
生理の時の出血量が多くて悩んでいる人にとっては、経血が少ないということは良いことばかりのような気がしてしまうでしょう。
しかし、生理が起こるというのは本来の女性の体にとって必要なことで、経血が少な過ぎるという場合には、なにか他の病気が隠れているという可能性があります。

経血は子宮内膜が肥厚したものが剥がれ落ちて起こるもので、それは子宮に受精卵を着床しやすくさせるという役目があって起こるものです。
そのため妊娠をしていない状態では排卵のたびに子宮の内膜が肥厚して、受精卵が着床できるように体を整えていますが、妊娠が起きるとその後には子宮内膜が肥厚することがなくなり、生理が起こらなくなります。
これが正常な体の仕組みですが、妊娠をしていないのに経血が少ないということは排卵が起きていないという理由からです。
トリキュラーを服用している時は人工的に排卵を抑制することで子宮内膜が厚くならないような仕組みになっています。

しかし、経血が少なくなっている時にはトリキュラーの作用が働いていることとは関係なく体の中で異常が起こっていることがあります。
それをトリキュラーの効果によるものだと勘違いをすることで病気に気付きにくくなっていることがあります。
もしも経血があまりにも少ないようであれば、排卵が起きないような病気をしている可能性があるために、ピルによる効果なのかどうかを見分ける必要が出てきます。

経血の量がほとんどないような時や、他に体の調子が良くないといった症状がある時には病気の可能性があるために婦人科を受診するようにしましょう。

人気記事一覧