• ホーム
  • プレマリンの効果と副作用ってなに?

プレマリンの効果と副作用ってなに?

プレマリンとは結合性エストロゲン製剤という女性ホルモン剤を指します。
この薬剤はホルモン補充療法の一環で投与され、特に不妊治療における体外受精の際に使用されることで知られています。
プレマリンを服用すると女性ホルモンであるエストロゲンを補うことができ、それによってホルモンバランスの改善を促す効果が期待されます。
女性ホルモン剤として知られる低用量ピルはエストロゲンに加えてプロゲステロンの2種類が配合されているため、同じホルモン剤でも大きな違いがあります。

具体的な効果として、プレマリンによって卵巣機能が向上し卵胞が作りやすくなり、そして子宮内膜の状態が改善されるということが知られています。
卵巣機能の向上は良質な卵子の生成に寄与し、子宮内膜は厚い状態になることで着床確率をあげることができます。
これらはすべて妊娠しやすい体になるために必要な要素であり、女性の不妊治療に対して効果を発揮すると考えられています。

しかしながら、プレマリンを服用することで副作用が出る可能性もあるので注意が必要です。
特に女性ホルモンを補うようなホルモン剤の治療において一般的に多く報告されている副作用として体重の増加やむくみが挙げられます。
これはプレマリンにも同様の副作用を示すリスクが伴うといえます。
さらに、女性ホルモンの補充という点から特に乳房の張りや痛み、発疹や吐き気、めまいといった副作用が出る人もいます。
ホルモンとは体の調子を左右する非常に重要な分泌物であるからこそ、それを薬剤投与によって改善するということは少なからず変化をもたらし時に副作用として現れてしまうということを認識しなければなりません。

そんなプレマリンには、低用量ピルと同様に避妊への効果もあります。
しかしながら、プレマリンは天然由来の結合性エストロゲンであるのに対し、低用量ピルに含まれるのは合成エストロゲンで、天然のものと比べて100倍以上の高い活性を発揮すると言われています。
そのため、低用量ピルと比較するとプレマリンの避妊効果は低く、避妊のために処方することはありません。
また、プレマリンと低用量ピルは併用することも可能です。
しかしながら、これらの併用にはかなり専門的な知識必要となるため、医師としっかりと相談する必要がありそうです。

プレマリンと低用量ピルの違いは?

プレマリンと低用量ピルには少し違いがあります。
ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した女性ホルモン剤で、卵胞ホルモン(エストロゲン)は女性らしい身体を維持することができ、黄体ホルモン(プロゲステロン)は妊娠しやすい身体にする役割があります。
ピルはエストロゲンとプロゲステロンを含んでおり、女性ホルモンに関わるいろいろな症状、例えば生理不順や不正出血などに効果があったり避妊効果にもその効果を発揮することが可能です。

プレマリンはエストロゲンだけを補充する医薬品で、女性ホルモンにおいてエストロゲンは妊娠に関係しますがプロゲステロンほどもなく避妊効果が低いと言われています。
プレマリンに含まれているエストロゲンは天然結合型ですが低用量ピルにあるエストロゲンは「合成エストロゲン」で、天然のエストロゲンと比較すると活性する力が100倍以上あると言われています。
エストロゲンの量だけ見るとプレマリンの方が多く、100倍近い活性化の差があります。

避妊効果が現れるような女性ホルモン量は見込めないので、プレマリンだけで避妊目的に処方されないでしょう。
避妊目的なら低用量ピルを利用している人は多く、プレマリンは主に卵巣不全が原因である生理不順などを改善する場合に服用されることが多いです。
更年期障害にも効果があり、不妊治療の際にも利用されることがあるでしょう。

長期服用にはあまり向いてないですが、短期間で効果的に作用し改善することが可能です。
いくつか副作用があり、乳房の張りや痛み、予定外の出血や吐き気・嘔吐などがあるので注意する必要があります。
インターネットにある薬剤サイトを利用すると、リーズナブルな価格で購入することが可能です。