• ホーム
  • 低用量ピルの1種、マーベロンの効果と副作用

低用量ピルの1種、マーベロンの効果と副作用

マーベロンは第3世代に分類される経口避妊薬です。
黄体ホルモンのデソゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの2種類が主成分です。
男性ホルモンの影響が少ないためニキビなどの症状が出にくいという特徴を持ち、多く使用されている薬で薬局や通販で購入することが可能です。

マーベロンの効果は、排卵を抑制し受精の確率を下げることによる避妊です。
主成分の黄体・卵胞2種類のホルモンが補充されると、性刺激ホルモンが抑えられて排卵に繋がらなくなるというメカニズムです。
さらに黄体ホルモン単体には子宮内膜の増殖を抑える作用があり、受精してしまったとしても着床しにくくなるという2段構えの効果になります。
その他にも子宮の入り口にある粘膜の粘度を高めて、精子の侵入を難しくする作用も持っています。

低用量ピルとして、生理がはじまってから1日1錠の服用を21日間続け、7日間の休薬期間を挟むと効果が最大限に発揮されます。
休薬期間に服用するものとして、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを含まない専用のプラセボ錠もあります。
服用を始めてから約1週間で効果が出始めるものなので、それまでに避妊が必要な場合は別の方法を選択しなければなりません。

また21日間の服用期間内に、2日以上連続して服用を止めてしまった場合は効果が完全に発揮される可能性が下がるため、その時点で服用は止めて、次の周期の生理から改めて避妊をする必要があります。
マーベロンの効果が発揮されずに避妊が失敗してしまうのは、飲み忘れによる原因が非常に多いものです。
プラセボ錠の飲み忘れは主成分が含まれていないので、効果に影響はありません。

マーベロンの主な副作用は、吐き気やめまいに腹痛や生理過多など幅広いものです。
服用を初めて少しでも変化があれば副作用の可能性があるので、医師に相談した方が良いです。
特に手足の痺れや視覚障害は、副作用の中でも大きな血栓の初期症状である可能性が高いので注意が必要です。

マーベロンを初めて服用したときは副作用が出やすい

マーベロンの避妊効果を確実に出すためには、毎日決まった時間に服用することが大切で、服用を続けることで効果を発揮することができます。
そのため、もしも副作用だと思われる症状が出た時にも、できる限り服用を続けた方が避妊効果が高まりますが、それでも副作用が強過ぎる時には服用を続けることが難しくなることがあるでしょう。

こういった副作用が出る原因は、マーベロンを服用することで身体の中にデソゲストレルとエチニルエストラジオールというふたつのホルモンが入り、今までは自分の体で分泌していた女性ホルモンと両方が体の中にあることで、ホルモンバランスが乱れてしまうからだと考えられています。
そういった意味ではマーベロンを初めて服用した時は最も顕著にホルモンバランスの変化が起こるため、副作用も出やすくなっている状態だと言えるでしょう。

もしもマーベロンの服用を初めて副作用の症状が出たとしても、数回の生理を繰り返しているうちに体の中のホルモンバランスが安定してきます。
マーベロンを服用している状態に慣れてくると副作用の症状もおさまってくることが多いと言われているので、我慢できる程度であれば服用を続けて様子をみるといいでしょう。
吐き気などの症状が強い場合にはピルと一緒に吐き気止めを使用するという方法もあるので、どうしても辛い時にはそういった選択肢があることも覚えておきましょう。

通販で低用量ピルを購入した時にも、同じように飲み初めの時期に副作用が起こる可能性があります。
そのような時に備えてあらかじめ吐き気止めを用意しておくという方法もありますし、副作用が強い時には、一度マーベロンの服用を中止して病院を受診して医師に相談してみましょう。